スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲームレビュー】428 封鎖された渋谷で

428 ~封鎖された渋谷で~(12/12以降入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き

公式HP 428 ~封鎖された渋谷で~
定価:7,140円(税込)
発売::2008/12/4
対応ハード:Wii






今年最後にこんな良作ゲームがプレイ出来て
本当によかった。



ファミ通クロスレビューでオール満点な所に、
「大人の事情」(エンターブレインの浜村弘一氏が特別出演してたり)が含まれてるのか・・?
と思いきや、それは単なる杞憂でした


サウンドノベル好きなら、
Wii本体ごと買ってプレイしても損はないかと。



話のテンポやスピード感、演出がとてもうまくて、
途中で物語が失速したり、ぐだぐだすることなく、クリアまで進めますし、
むしろ、時間が進むにつれてどんどん加速していく物語と
散りばめられた伏線回収はお見事
です。
押すところは、押して、引くところは、引く。笑わせるところは笑わせる。
そんな演出のメリハリが素晴らしい。

Wiiリモコンひとつで、片手でプレイできることが、
ここまで手軽で快適だとは、思いもしなかった。

普通に物語を進めていくと、基本的にバッドエンドになってしまうわけですが、
バッドエンドにならないためのヒントもちゃんと表示できるので、
サウンドノベル初心者への救済処置もアリ。


少し残念なところが、ログ操作。
どこでも好きなページに飛べるわけではなく、
区切り区切りな所にしか飛べないので、少し面倒でした。


あと、ボーナスシナリオ (TYPE-MOON)-微ネタばれにつき反転-
蛇足。
戦争に関する、やたら難解な語句が出てきて、
( ゚д゚)ポカーン
なにも、428でやらなくたって、
別のゲームでやってもいいんじゃないの?

ってのが正直な感想。



総評
ゲーム内のいたるところに、製作者のこだわりや、プレイヤーを楽しませよう!
って心意気が感じ取られる、そんな作品でした。

サウンドノベルにおいて、チュンソフトの右にでるメーカーはあるの…?
そう思えるくらい、シナリオ・演出・BGM・テンポなどにおいて、
「428 封鎖された渋谷で」は、他のADVゲームの追随を許さない…
そんな渾身の完成度を誇る作品だと思います。

いやはや、十分に楽しませてもらいました。(´∀`)
スポンサーサイト
Twitter
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

らいおん

Author:らいおん
ゲームこそ我が真髄。
幼少からゲームの魅力にハマり、
現在に至るまで、相当な数のゲームをプレイしています。
特に好きなのが、ATLUSの作品で、
ATLUSに関しての拘りは果てしないです。

主な登場人物


結月 ゆかり
秘書


阿部さん
いい男


コンバット越前
好きな食べ物は焼きビーフン



月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。